うるおろぐ

うるおろぐはうるおのろぐ

GAS(Google Apps Script)でconnpassAPIの結果をスプレッドシートに書いてみた

GASの勉強がてら外部APIを実行して、スプレッドシートに書き出してみたいと思ったのでやってみた。今回はconnpassさんのAPIでお試し。

目次

処理の流れ

  1. 検索キーワード記入用シートから検索キーワードを取得
  2. 検索キーワードごとにconnpass APIを利用して結果を取得
  3. 検索結果出力用シートに結果を書き出す

事前準備

  • 検索キーワード記入用シート検索結果出力用シートを用意
    • 検索キーワード記入用シートはKeywordsと書かれた列にキーワードを記入
      • (イメージ)
    • 検索結果出力用シートは空っぽ
  • スクリプトプロパティ(環境変数的なもの)にスプレッドシートURIやシート名を定義

ソース

github.com

補足

  • 検索結果出力用シートの前回実行した分のデータは残らない
  • 取得期間は翌日 ~ 4日後までの3日分
  • 場所はオンライン
  • キーワード毎にフィルタリングできるようにフィルター設定
  • 列幅をある程度調整
    • autoResizeColumns(列幅自動調整)は全角文字などが上手く認識されず、良い感じに調整してくれない。。。

注意点

感想

実行時間とかの制限があるので合わないケースもあるが、トリガー設定(ボタン設ける、時間など)も簡単でお手軽だなー。 他にも色々やってみたい。

(追記)こちらにて更新。

参考